Oracleデータベースの高可用性をAWS上で実現! オンプレミスをAWS環境へ移行する際の課題と その解決策とは?ご紹介セミナー


AWS環境ををうまく利用できれば、もっとビジネスは成長します。ただ、データベース市場で高いシェアを誇る「Oracleデータベース」とその標準クラスタ構成である「Oracle RAC」をAWS環境で実現しようとする際には、いくつかの課題があります。しかしながら、AWSの導入を検討中、またはすでに導入済みではあるが、OracleデータベースをOracle RACのような可用性を担保しながら、AWS上に導入したいという声も多くあります。 本セミナーでは、なぜAWSがパブリッククラウド市場において高いシェアを占めているのか? また、Oracle RACをAWS上で利用する際の課題を明確にし、AWS上でOracleデータベースの可用性を実現するための方法と、オンプレミスのOracle RAC環境からAWS上で可用性を担保する環境へと安心して移行することが可能となる、トータルソリューションをご紹介します。
共催 サイオステクノロジー株式会社 協力:アマゾン ウェブ サービスジャパン株式会社 (AWS)  伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 (CTC)
日時 2017年04月17日 15:00~17:00 (14:30~受付開始)
対象者 AWSを導入検討されているお客様、AWSをすでにご利用のお客様/Oracleを導入検討されているお客様、Oracleをすでにご利用のお客様
講演内容 1、アマゾン ウェブ サービス 株式会社(AWS) Oracle RACをAWS環境へマイグレーションする際の選択肢と注意事項とは? 概要:オンプレミスで稼働しているデータベースを、バージョンアップや更改のタイミングでクラウド化することを検討するお客様が大変多くなっています。このセッションでは、DBワークロードをAWSに持っていくにはどのような道筋があるのか解説します。またOracle RACのマイグレーションに関して、どのような選択肢があるか、その時の注意事項を説明します。 2、サイオステクノロジー株式会社 Oracleデータベースの高可用性をAWS上で実現させるためのポイントをご紹介 概要:昨今、Oracleデータベースを従来のオンプレミス環境からAWS環境へと移行するケースが増えてきています。その中で既存のOracleデータベースをAWSに移行する際、AWS標準のサービスでは移行できないケースがあります。 既存のオンプレミス環境の構成を極力変えずに、AWSに移行するポイントをご紹介します。 また、合わせて、ライセンス体系に変更があった、Oracle RACからAWSへの移行のポイントもご紹介します。 3、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC) 基幹DBをAWSにマイグレーションする「エンタープライズ向けDBクラウド化ソリューション」のご紹介 概要:企業の情報システム部門が運用管理されているエンタープライズシステムをAWS環境で稼働・運用されるケースが増加しています。 こういった市場ニーズと将来的なAWS All-inでの活用を見据え、CTCの取り組みとソリューションをご紹介します。
参加費 無料
締め切り 2017年04月14日
定員 60名
会場 アマゾン ウェブ サービスジャパン株式会社 セミナールーム14階[MAP]
東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー14階
<交通アクセス> JR・東急目黒線・東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「目黒駅」より行人坂を下って徒歩5分 (目黒雅叙園となり) ※徒歩でかかる時間は目安ですので実際の時間とは異なることがあります。
お申込に関する注意事項 本イベントに関するお問い合わせは、こちらのフォームから お願いいたします。
申込
    
※お申込みご希望の方は、「お申込み」ボタンをクリックして入力画面へお進みください。
※申込受付システムの変更により、「マイページ」(ID・PWによりご自身の情報を管理する機能)のご利用は終了とさせて頂きました。何卒ご了承ください。