「基幹システムもAWSで!事例で学ぶ高可用性システムのAWS移行」


Amazon Web Services(以下AWS)上に基幹系システムを移行する企業は年々増加していますが、セキュリティや可用性の向上は大きな課題の一つです。本セミナーでは、800以上のプロジェクトのAWS導入実績を持つクラスメソッドと、高可用性クラスターソフトウェア・ベンダーのサイオステクノロジーより、ミッションクリティカルな基幹業務をAWS上に導入・移行させる成功ポイントについて、実際に導入されたIDOM様の事例を中心にご説明します。
共催 クラスメソッド株式会社、サイオステクノロジー株式会社
日時 2017年07月19日 14:30~17:20 (14:00~受付開始)
対象者 基幹系システムのクラウド移行をご検討中の方
講演内容 1、クラスメソッド株式会社 AWS事業部 大栗 宗様 AWSでの情報システムの可用性確保ポイント 概要:近年オンプレミスからクラウドへ情報システムを移行したり、新規システムはクラウドを導入したりする動きが加速しています。クラウドの導入に際してクラウドらしい考え方へ変化することで、メリットをより引き出すことができます。本セッションでは可用性に焦点を当ててAWSでシステムを構築するときにポイントとなる部分についてご説明します。 2、サイオステクノロジー株式会社 中部・西日本営業部 プリセールスエンジニア 國政 充典 LifeKeeper/DataKeeperを使ったAWSにおける可用性向上 概要:業務システムの刷新において、オンプレミス環境からAWS環境へと移行するケースが増加しています。 例えば既存のカスタマイズされたデータベースをAWSに移行する際には、AWS標準のマネージドなサービスに対しては移行が難しいケースがあります。 当セッションでは、既存のオンプレミス環境の構成を極力変えずに、AWSでも高い可用性を持った構成に移行するポイントを事例を交えてご紹介致します。 3、株式会社 IDOM(旧社名:株式会社ガリバーインターナショナル)インフラセクション  月島 学様 IDOM様でのDataKeeper活用事例 概要:オンプレミスからAWS上へ企業システムの全面移行を実践しているIDOM様から、 DataKeeperを採用し基幹システムの可用性を向上させた事例をお話頂きます。
参加費 無料
締め切り 2017年07月18日
定員 50名
会場 イオンコンパス大阪駅前会議室[MAP]
大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル15階
<交通アクセス> ・JR 北新地駅 大阪駅 新大阪駅より  東西線「北新地駅」直結  各線「大阪駅」より徒歩3分  新幹線「新大阪駅」より、JR線、地下鉄にて約15分 ・地下鉄 梅田駅より  各線「梅田駅」より徒歩3~5分 ※徒歩でかかる時間は目安ですので実際の時間とは異なることがあります。
お申込に関する注意事項 ●お申込みサイトはクラスメソッド様のサイトとなります。 ●セミナー詳細、講演内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。 ●同業の企業様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。 本イベントに関するお問い合わせは、こちらのフォームから お願いいたします。
申込
    
※お申込みご希望の方は、「お申込み」ボタンをクリックして入力画面へお進みください。
※申込受付システムの変更により、「マイページ」(ID・PWによりご自身の情報を管理する機能)のご利用は終了とさせて頂きました。何卒ご了承ください。